子守唄の音色トーン

 少女は、立っていた。白人としても異様な肌の白さ。そして、真っ白い肌と反比例するような黒い髪。その髪は見ようによっては虹色にも見え、普通の人と比べれば遥かに長かった。
 彼女の外見は、高校生になった程度の少女。しかし、それが彼女の種族の特徴であった。
「レイン……お腹がすいたんだから、仕方が無いよね。でも、あたしは何も悪くないのに、いつもいつも罪悪感に駆られるんだよ……」
 立ち尽くしたまま、哀しげに首を振る彼女は、腕の中のうす汚れたぬいぐるみに話し掛けた。
 しかし、ぬいぐるみは何も言わない。ただ、哀しげな瞳で主を見つめるだけ。少女の腕の圧力で、ぬいぐるみの顔が歪んでいく。
 ぬいぐるみのレインという名前は、彼女の母親が付けた名前だ。優しい雨が我が娘の哀しい運命を流してくれるように、と。
「とにかく、……血抜きはしなくちゃ」
 軽く頷いた少女はぬいぐるみの頭を愛おしそうに撫でて、優しくアスファルトの上に置く。暗闇の中で、少女の息遣いと水音。それだけが響く。
 しかし、しばらくするとドアが閉まる音がし、その瞬間から音という音全てが消滅した。

 ――そうしてまた、いつも通りの朝が来る。
「空は高く青く澄んでいる。なのにあたしは部屋の中……」
 これはこの地域の七不思議となっていた。澄んだソプラノの唄声が、廃墟となった屋敷から聴こえてくる。
 勇敢な少年少女たちが訪れたこともあった。しかし、帰ってきた子供たちはそのことを誰にも話せなかった。その部分だけ、全員記憶が無くなっていたのだ。
「いただきます」
 声の主は、羅江らえという。――何森羅江。
 羅江は手を合わせて優美に一礼する。そして、手掴みで物体を口に入れ、噛んで飲み込んだ。しかし、すぐに顔をしかめる。
「ああ……、やっぱりまずい。人間って雑食だもんね」
 独り言を言う。もう、それは癖になっていた。ぬいぐるみ――レインに話し掛けるという名目の独り言。
 彼女は、自分が独りになったと心の底で気付いたときから、ずっと喋っているのだった。喋っている限りは独りにならない。だって、喋る相手がいるんだもの。そう自分を騙し続けているのだった。
「――どうしてあたしがこんな目に遭うの」
 歌声と一変した低い声で、羅江は窓の遠くの方の道を眺める。賑やかな学生、せかせかと歩く大学教授……全てが輝いて見えた。青空から降り注ぐ、眩しい光を浴びて生きられることが……羨ましくて、憎かった。
 ――あたしも、あんな風になりたかった。普通の人間として、平凡な人生を歩んで。……恋なんかも、しちゃって。どこからともなく風が吹く。割れた窓から入る風で、近くのカーテンが揺れる。
「……まま……」
 その、声にすらならないほどの微かな囁きが無意識だったのかは――本人にもわからない。

 息を吸って目を閉じる。そして頭を大きく振ると、目を開けた。
 その瞳に、先ほどまでの虚無感は無い。彼女の歌声のように綺麗で澄み渡った光。
 この瞬間から、羅江は無邪気な女の子に徹する。それが無自覚にしろ、彼女は道化になる道を選んだのだから。自分を騙して生きることを決めたのだから。
「――あれ?」
 羅江がカーテンに付いた埃を払おうとすると、窓の下にちらりと何かが映った。覗き込むと、黒っぽい物が落ちている。道に人はいない。ちょっとお洒落なタイル張りの道と黒い何かは、最初からそうであったように違和感が無かった。
「何だろう」
 階段を下りて重いドアを開けると、そこは外の世界。明るい太陽と透き通るような青い空が、真っ白い肌を突き刺す。彼女は、その明るさに思わず手をかざした。
「眩しい……」
 少し考えてから部屋に戻る。目的の物は、少し探すと見つかった。埃を払って帽子を被り、そしてまた下へ降りる。
 道路には、黒い細長い財布が落ちていた。振ってみると、チャリチャリと音がする。どうやら、中身は入っているようだ。中には、『壱万円』と書かれた紙が五枚と『千円』と書かれた紙が二枚。それと、小銭が数個。
「……お金、だよね」
 お金――つまり、これで物が買えるってこと。それは、ある希望を抱かせる。
「やった、これで肉を食べなくていいんだ……!」
 人肉はまずいし、やはり人間だから嫌だ。羅江としては豚や牛の方が食べることに抵抗が無いのだが、人間の方がそんなに騒がないし、意識があるゆえに“唄えば”すぐに殺せる。しかし、それはお金というものがあるだけで迷う必要が無くなる。
「最寄りのスーパーってどこだろう」
 羅江は小さく呟き、記憶の中のスーパーへ向かうことにした。