子守唄の反響ソノリティ

 羅江が目を覚ますと、猿ぐつわを噛まされ四肢を縛られ、動こうにも動けない状態だった。幸い窓の外は見えたので景色を眺めていると、歴史のありそうな豪華な門が近づいてきた。そして、車はそこを通ると地下駐車場へと入っていった。

 大学の実験棟に連れて行かれた羅江は、そこに並ぶ実験材料たちの姿に愕然とした。小動物たちの叫びは耳を塞ぎたくなるような現実だった。
「なんてひどいことを……!」
「この実験があってこそ、ワクチンや治療薬が使えるようになるんだ。所詮は動物、替えなんていくらでもいるじゃないか」
 彼女は言葉を失った。殺される為だけに生かされる動物たち。新薬の実験台になるのはこのいたいけな生物で、そして次々と死んでいく。病院のようなリノウムの空間に、動物たちの叫び声が絶え間なく響き渡る。死と隣合わせなんてものじゃない。死ぬ方がよっぽど楽――そんな世界に生かされているんだ。
 そこまでしておいて、人間は何の感謝も無く、当たり前のように薬を使う。あまつさえ、その薬で自殺をしたりする――。人間がここまでひどい生物とは思わなかった。自分達の贅沢ために、一体どれだけの動物を殺しているのだろう。
 彼女でさえ、生き物を食べるときには感謝を口にして、その尊い死に敬意を払っている。それなのに、彼らときたら――。
「入るんだ」
 前を歩いていた教授は、周りのものより一際大きい檻の前で止まった。彼は羅江の肩を突き飛ばし、南京錠を閉めると部屋を出て行った。冷たい床のひやりとした感覚が、羅江の現実だった。
「やだ、出して! 出してよ!」
 自分も、あんな風に殺されるのかもしれない。恐怖で二の腕が粟立った。

  * * *

 ぼんやりと目の前が明るくなっていく。細部がわからない、ぼんやりとした声、映像。
「まま、うたって。おやすみなさいのこもりうた」
 羅江の目の前にいるのは記憶に無い女性だったが、羅江にはそれが母だということがわかった。これは彼女の子供の頃の記憶だ。霧に包まれたように思い出せなかった、遥か昔の記憶。羅江は、その記憶を再生しているのだ。
「羅江はこれを聴かないと眠らないのよね」
 穏やかに微笑む女性は羅江の理想の母親像で、あまりにも優しいその表情に、瞳から涙が溢れるような錯覚を起こした。しかし、羅江はこの幻の中では傍観者でしかなく、自分と母はどんどんやり取りを続けていく。
「このうた、だいすきなの。ねえ、うたって」
 すると、母は口ずさむように軽やかに唄い始め、羅江は愕然とした。その唄は、羅江がいつも唄っている唄に違いなかった。心地よい音に羅江が目を閉じると、ポタージュのような優しい思い出に包まれた。

「羅江」
 落ち着いたアルトの声で目を覚ますと、下には真剣な顔の母がいた。羅江は、睡眠を邪魔されたからか顔をしかめ、それでも健気に顔を上げた。
「なあに、まま」
「逃げなさい」
 母の声はとても切羽詰まっていて、とにかく大変なんだということがわかった。しかし、幼かった自分はそんなことには気付けず、わけがわからないままに布団を握り締めている。不安げな瞳が母を見つめた。
「え、……どうして」
「すぐに追っ手が来るわ。私たちを狩りに」
 追っ手? 狩られる? 誰が? どうして?
 昔の自分と今の自分の頭の中に流れる疑問符の羅列。意味がわからない。薄暗い部屋に豆電球のオレンジ色が揺れる。
「あなたは、生き延びないと駄目。私と彼の、たった一つの生き形見なの」
 母は羅江の瞳を覗き込み、慈愛に満ちた笑みを浮かべた。あまりにも穏やかな母の笑顔に、彼女がどこかに行ってしまうような気がして、羅江の心に不安が渦巻いた。
「あなたは――私たちの希望なのよ」
「まま、まま……」
 嗚咽を堪えた羅江は、複数の足が廊下の床を軋ませてこちらに向かってくる音を聞いた。足音を隠すような歩き方に彼女は身震いする。
「ほら、来たわ。隠れて」
 母はそう言うと羅江を押入れに隠した。つんとカビの臭いが広がる。そして、足音はすぐそこまで近付き、勢いよく扉が開かれた。
「欠落種族を一名発見しました」
 欠落種族。聞いたことが無いはずなのに、とても恐ろしい言葉だと思った。羅江は恐怖のあまり、じっと息を殺すことができてしまった。声を出すなんてとても出来なかった。
「傷を付けるなよ。無事に木葉大学に連れて行かないといけないんだから」
「教授も物好きですよね。職業とはいえ、人間を研究するなんて――」
 男の声が消え、場の空気が突然変わった。慌てた男の一人が上ずった声を出した。
「こ、こいつ、舌噛んだぞ。おい、教授に何て言い訳するんだ……!」
 体に針が突き刺さった。一直線に駆け抜けた衝撃は、確かに『母は死んだ』と告げていた。そして、その後の記憶は無い。
 羅江を見つけたのが教授だったのは、何の因果だったんだろう……。

  * * *

 もう、何日経ったのか羅江にはわからなかった。窓の無い部屋では一日なんていうものは無く、部屋では常に誰かが動いていた。残虐な実験は、まだ続いている。実験に髪が邪魔だからとバリカンを持ち出されても、抵抗しようとは思わなかった。既に羅江の心の中には諦めの感情しか無い。
 彼女の左腕には点滴が刺さっている。そこに送られている液体が何なのか――どうせ、ろくな物じゃない。どうせ、ただの実験だろう。死ももう目前に迫っているように気がした。彼女は冷たい床に座り、膝を丸めた。
 突然、思考を一時停止させるほど大きな足音を立てながら誰かが来て、羅江の檻の前で止まった。血の気の引いた顔で、彼女に刺すような視線を放つ。
「これはどういうことなんだ!」
「どうしたんですか。何か不備でも……」
 この部屋全体に響き渡るほどの大声に、小動物に注射をし終えた男の人が慌てて駆け寄る。部屋の中にいる動物たちが騒ぎ出す。
「何故この化け物は生きているんだ!」
 自分が死んだら困るのはそっちじゃないかと思いながら、羅江は冷ややかな目で彼を眺めた。教授ほどではないにしろ偉い人のようで、胸には小さな金色のピンが付いていた。
「あの、……何をしたのでしょうか」
「ちょっと目を離していた隙に、アルバイトが硫酸を入れたんだ」
 一瞬、羅江の中の全ての思考が停止した。言葉だけが頭を通り抜け、その後に意味が追いついた。
「ひ、……っ!」
 そして次の瞬間、内容を理解した羅江は後ずさる。衝動のまま腕の管を引き抜き、呆然と彼を見つめる。
 頭の中に浮かぶイメージ。硫酸が血管を溶かし、骨を溶かし、肉を溶かし、皮膚を溶かす――。皮膚が溶けて、初めて見ることが出来る自分の中。でも、中にあるのは無。ただぽっかりと何も無い空間があるだけ。そして、その周りにあるのは、焼け爛れた皮膚、肉、骨、血管。
 羅江は無知ゆえに、そんなありえない想像を作り上げてしまった。
「まあ、お前の反応を見る限り、硫酸にも耐性があるようだな。結果的には良かったよ」
「あなたおかしい……狂ってる!」
「どこがおかしいんだ? おかしいのは、硫酸を入れても死なないお前のほうじゃないのか」
 薄く笑いながらそう言う目の前の男に、羅江の中の何かが外れた。音階の無い音が体を巡る。
 お母さんを殺し、動物たちにあんなことをし、反省すらしない人間たち。あたしが二十年間、あの屋敷でいたって平和に暮らして耐えていたのに、それをぶち壊しにした憎い人間。人間に害を与えるつもりも何も無いし、これからも平穏に暮らしたかった。それに、あたしは人を殺さないために外に出たのよ。なのに、この仕打ちは何なの! こんな人間なんて、消えてしまえ、いなくなってしまえ――!
 感情の激流。音という音を全て呑み込み、うねってうねって、大きくなって――堕ちた。