子守唄の旋律メロディ

 大学から出てすぐの大通りを歩いていると、羅江の斜め上から声が降ってきた。
「どこに行きたい?」
 羅江はその台詞に目を丸くした。最後に自由が欲しかっただけで、本当に大学から逃げられるなんて思っていない。だけど、今目の前にいる彼は、本気で大学から逃げるつもりなんだろうか。それは、あまりにも無茶で無謀な考えだ。
「北海道で蟹を食べるのも良いし、沖縄で泳ぐのも楽しいだろ」
 だけど、彼の言い方から『逃げよう』というようなニュアンスは伝わらない。小旅行でもしようという軽い言い方に、羅江は惑わされそうになる。もしかしたら、北海道でも沖縄でも行けるんじゃないか――そんな気持ちになってしまう。
「行きたい。けど、この髪じゃすぐに見つかってしまう」
 角度によっては虹色に見える、細く長い髪の毛。羅江は自分のそれを見つめて唇を噛んだ。体の奥にある“欠落”が表面に浮き出てしまっているように感じた。
「髪を染めるのはどう?」
「……駄目。あたし、新陳代謝が良くてすぐに髪が伸びてくるの」
 大学で剃られた髪は、既に胸の辺りまで伸びていた。
「じゃあ、髪を結んで帽子に入れるっていうのは?」
「それなら、きっとわからない。髪が帽子から出なければ……」
 いつ、レジのお姉さんのような人に会うかわからない。同じ失敗だけはしたくない。数日前の出来事を思い出し、彼女は目を伏せる。
「羅江ちゃん、大丈夫?」
 信彦は俯いていた羅江に心配そうな声を掛ける。そんな彼に、羅江は顔を上げ、心配ないよと笑ってみせた。

 二人はヘアゴムと帽子を買い、大きめな公園のベンチに座った。今日は休日なのか、小さな子供たちが鬼ごっこをしたりして遊んでいる。辺りにはカップルがたくさんいて、仲良く笑い合っている。あんな風に見えるかな――羅江はそう思うが、彼女の見た目は十五歳前後だ。せいぜい仲睦まじい兄妹にしか見えないだろう。
 信彦は羅江の髪をそっと持ち上げた。遠慮しているのか、丁寧な触れ方に暖かさを感じる。思えば、ここ数日安心なんて出来なかった。しかし、今は誰も邪魔しない。床に倒れている原岡が発見されるのは、まだまだだろう。
 自分は、子供のころ以来の束の間のやすらぎに浸っている。そう実感できたことに、羅江は幸せを感じた。
 ――いつの間にか、うとうととしていたらしい。羅江の上から、柔らかい声が聞こえた。
「はい、できたよ。……行こう」
 公園を出て、またさっきの大通りを歩く。羅江は鮮やかに反射する太陽に顔をしかめつつ、店のショーウィンドウに自分の姿を映してみた。
「すごい……上手」
 羅江の髪は、きれいなお団子に纏められていた。自分のそれを手で触りながら、羅江は感嘆の声を漏らした。
「こういうのは得意だからな。よく言われるんだ、『見かけによらず器用』って」
 そんなずぼらに見えるか? 信彦はそう言いながらおどけてみせた。帽子を被ってくすくすと笑いながら、羅江はその姿を想像した。
「――あ」
 信彦さんのポケットの中から、何かが振動する変な音がした。信彦さんはポケットから黒い硬い機械を出して、それを眺めた。
「信彦さん、それって何?」
「これ? これは、携帯電話だよ」
 携帯電話――持ち運びできる電話? 彼女の家に固定電話はあったが、携帯電話は無かった。あんなに小さいのに固定電話と同じ機能があるなんて、固定電話は用済みじゃない。
 しかし、信彦はそれを一瞥すると、すぐにポケットに戻してしまった。その動作に、羅江は首を傾げる。
「出ないの?」
「携帯電話は、時に自分の行動を制限される物なんだ」
 誰からの電話だったんだろう。聞いてみようとしたが、彼はそれ以上言う気が無いのか、羅江に視線を合わせない。交差点の信号が赤に変わる。
「信彦さん、あたし、電車に乗ってみたい」
 信彦は、少し首を捻って視線を泳がせた。我儘ばかりごめんなさいと羅江は心の中で呟く。でも、遠くへ逃げたい。この不安が無くなる場所まで逃げてしまいたい。
「そうだな、電車に乗ろう」
 その言葉を聞き、羅江はそっと息を吐き出した。先ほど赤になったばかりの信号は、いつ変わるのだろう。

  * * *

「逃げられた!?」
 実験棟に男の声が響き渡る。原岡は、予想外に響いた大音量に首をすくめる。
「すいません」
「何をやっているんだ、お前は。欠落種族の少女が脱走を試みないとでも思ったのか」
 だったらお前が管理しろよ。そう口が滑りそうになるのを彼は必死で堪える。そんなことを言ったら、クビは決定だ。しかも、この男は血の気が多いから、本当に首を飛ばすかもしれない。
「……すいません」
 だから、馬鹿の一つ覚えみたいにその台詞だけを繰り返す。
「お前には言ってなかったんだが、前回の実験であることがわかったんだ」
「な、何ですか」
 態度は心もち身を乗り出すだけに留めるが、しかし一字一句聞き逃さないようにする。男は原岡の関心を知っているのか、もったいぶって話し始めた。
「欠落種族に代々伝わっている唄があるそうだ。その唄を聴くと、唄った人の無意識に従うようになるらしい。これでは欠落種族の操り人形が量産されることになるぞ。――責任は取れるのか」
 原岡には辞職という道しか無いことは明らかなのに、嫌味ったらしく問いかける。その態度が気に食わない。だから、彼はこう言った。
「何森羅江を捕獲――いえ、保護します」
 原岡はこっそりとほくそ笑む。彼女には発信機を付けている。貴重な実験材料を、素直に引き渡すと思ったか。彼の目的は欠落種族を解剖する、ただそれだけなのだから。