子守唄の最終楽章クライマックス

 かろうじて自動改札口がある程度の小さな駅を出た二人は、大きく息を吸い込んだ。
 空は冴え渡り、どこかから小鳥のさえずりが聴こえる。鮮やかな山の隣には、ぽかんと雲があるだけだ。
「日本にこんなところがあったなんてな」
 道路が整備され、ビルばかりが立ち並ぶところとは違う。ここはまさに桃源郷――暗い現実世界と切り離された安息の地。
「羅江ちゃん、ちょっと歩こうよ」
 羅江は頷き、二人は黄色い絨毯を歩いていった。陽気な日差しに微笑む菜の花を、爽やかな風が柔らかく揺らす。
 無限に続くかのように見えた絨毯にもいつしか終わりが来る。数十分ゆっくりと歩いた彼らは、菜の花の終点で立ち止まった。
「菜の花の色ってとっても暖かい。全てを包み込んでくれる、優しい色」
 羅江はそれだけ言ってその場にしゃがみ込んだ。花と同じぐらいの背丈になってみると、まるで自分が花の中に埋まっていると錯覚してしまいそうになる。
「この中に入っていいかな?」
 羅江はそう言うと、信彦の返事も聞かずに奥へ入っていってしまった。信彦が苦笑しながら菜の花を見つめていると、ふいに何かに服の裾を引っ張られた。
「こんなところに観光なんて珍しいね。どこから来たの? 名前は?」
 病的に白い肌をした少女は、黒い瞳を輝かせて首を傾げた。信彦は彼女の好奇心剥き出しの問いに答える。
「木葉大学から来たんだよ。名前は崎本信彦。……この先には何があるの?」
「街があるよ。あたし、さっき街に行ってきたんだ」
 信彦が少女に尋ねると、彼女は得意気な表情を見せた。漆黒だと思っていた髪は、風に舞うときらきらと輝いた。
「ありがとうね。じゃあ、街に行ってくるよ」
 木の葉を隠すなら森の中、人が隠れるなら雑踏だろう。さすがに周りが一般人だらけなら、奴も安易に手を出せないはずだ。そんな風に思案を巡らせていると、少女はにっこり微笑んだ。
「また来てね。あたし、この村で一番唄が上手なんだ。今度聴かせてあげるから」
「本当? じゃあ、楽しみにしてるよ」
「約束だよ。ばいばいー」
 そして軽く手を振ると、信彦たちが来た道を駆けていく。それを見ていると、信彦は羅江と遊んでいた頃を思い出した。
 ひらひらと飛んできたモンキチョウが、信彦の鼻先を掠めて菜の花に止まる。チョウは羽を数回上下させると、また違う菜の花に飛んでいった。

「ごめんなさい、ちょっと休ませて……」
 さっきの場所から歩き始めて早一時間、ようやく道路に出てきた。しかし道路とは名ばかりで、車が通っている様子は無い。
「ちょっとそこのベンチに座ろうか」
 二人は鳥の糞を避け、寂れたバス停のベンチに座った。パンパンに緊張していた筋肉が緩み、余裕が無かった表情もほころぶ。
「……あの子は街までずっと歩いたのかな」
 羅江の頭をちらちらと行き来する、信彦と話していた少女。声しか聞こえなかったのに、なぜか妙に気になった。
「ねえ、信彦さん――」
 彼女は言い掛けて、台詞を途中で手放す。問い掛けた相手はベンチの背もたれに寄り掛かり、眠りに落ちていた。
 大学でもあんまり寝てなかったのかな。羅江はふっと微笑み、信彦の肩に首を傾けると静かに目を閉じた。

  * * *

「ちょっと、お二人さん」
 当惑した声と共に体を揺すられ、羅江は目を覚ました。道路には無人のバスがあり、目の前には五十代半ばほどの男性がいる。
「困りますよ、こんな辺鄙へんぴなところで寝られちゃあ。さすがに夜は寒いからね、洒落になりませんよ」
 渋みのある温厚な顔は彼の人生を語っていた。地球十周分は走っているであろう彼の伴侶は、塗装が剥げて窓は傷まみれになり、それでも凛々しく輝いている。
「でも、向こうの方には街があるんでしょ? そこから人が来たりしないんですか」
 羅江は先ほどの少女を思い出しながら運転手に聞いた。彼女は街から帰っている途中だと言っていたのだ。しかし、彼は予想外といった風に目を見開いた。
「街……って、もしかしてお嬢ちゃん、街に行くつもりかい?」
 羅江が問いに頷くと、運転手はいやいやと首を振った。そんな冗談と言わんばかりの表情だ。
「そりゃ無茶だ。連れていってあげるから乗りなさい」
「え、……いいんですか」
「いいんですかって、こっちはそれが商売だからね」
 運転手は白い歯をこぼした。確かにそうだと羅江もつられて表情を緩める。そして、まだベンチでまどろんでいる信彦に駆け寄った。
「信彦さん、起きて」
「ん……羅江ちゃん、どうしたんだ?」
「この運転手さんが、街まで連れて行ってくれるんだって」
 その台詞で信彦は立ち上がり、のろのろと会釈をしてバスに乗り込んだ。羅江たちも後に続き、座席に座った運転手はエンジンを掛けた。が、バスはぷすんと間抜けな音を立ててエンジンを止めてしまう。
「あの、大丈夫ですか」
「心配ないよ。いつものことだからね」
 バスは再びエンジンを掛け、道路に滑り込んだ。乗客二人を乗せたバスはその影を東に伸ばし、誰もいない道を走っていった。
 広い車内の中に沈黙が広がる。その空気に耐えられなかったのか、運転手は信彦に尋ねた。
「向こうからっていうと、光園ひかりぞの駅から来たんかな?」
 信彦は光園駅という名前を問い返そうとして、自分たちが降りた駅だと気が付く。
「あ、はい。景色がきれいだから降りてみようと思って」
「確かに、あの菜の花畑に惹かれて降りる人はたくさんおるよ」
「じゃあ、その人たちのために、あそこまでバスで来てたんですか」
「そういうことかな。まあ、大抵の人は見るだけ見たら電車で帰るから、バスなんか使わんよ」
 彼との会話に味をしめた運転手は、タクシー並みに饒舌じょうぜつだった。今までそこまで多く話すことが無かった二人は少し戸惑いながら、しかし楽しみながら、その一時の話に花を咲かせた。

 それからしばらくすると、外に家が見えるようになってきた。川では鳥が泳ぎ、電線では雀が喧嘩をしている。
「もう少ししたら大通りに出るけんな」
 その言葉は本当で、数分もしないうちにバスは大通りに出てきた。店が立ち並び、制服を着た学生が自転車に乗って談笑している。
「この辺でええかな」
 運転手はバス停にバスを停め、羅江たちの方を振り返った。
「本当にありがとうございました」
 信彦がバス賃を払おうと財布を出すと、彼はぼろぼろになった運賃表を見た。バスと共に歴史を歩んできた運賃表は、紙が劣化して茶色く褪せている。
「二人で三百六十円」
「……そんなに安かったんですか?」
 一人分を計算すると百八十円だ。あまりの安さに信彦は首を傾げた。
「こんなに話したのは久しぶりだから、ちょっとしたおまけにしとくわ」
「そんな……いいんですか」
「ええって、気にせんで」
 彼はそう言ってカラカラと笑う。信彦と羅江は目を合わせ、その厚意に甘えることにした。
「じゃあ、ありがとうございます」
 信彦は運転手に小銭を渡し、会釈してバスを降りた。羅江も会釈をして、信彦に続いた。
「また暇だったら光園の方にも来てなー」
 運転手は最後にそう言い残し、バスを発車させた。
 それを見送った二人は、通りから少し外れた道を歩くことにした。近くに学校があるのだろうか――チャイムの音が聞こえる。あまりにもそれが日常的で、信彦は自分たちが追われている立場だということを忘れてしまう。
 穏やかに照る太陽が、ビルのガラスにキラキラと反射している。しばらく無言で歩いていると、羅江が意を決したように声を掛けた。